オール電化の補助金について


オール電化の補助金をご検討の人は、きちんと調べて導入しないと、補助金がもらえない場合もあるのでそうゆう事態がないように注意をして検討してください。

補助金は自治体によってちがい、終了している所もあります。自治体の補助の金額も場所によっては6万ほど違うこともあります。なぜ、エコキュートの補助金をだしているかというと、省エネルギー化にする事で、地球の環境を安全に守ることができるので、人や自然に優しい環境作りができるからです。

補助金の対象者や対象住宅も条件があります。条件は、自治体の市町村に居住していて、補助金申請をしているうちに住むことができる人、市町村税を滞納していない人、同一世帯にエコキュートの補助を利用したことがない人、暴力団員ではないこと、住宅は、市町村にあり、建築予定が市町村で、そこに居住予定の人などが条件になります。

この条件を満たしている人は、補助金の申請書を書いて、書類を自治体の窓口に申請します。書類は何枚かありますので、記入もれがないように確認をしましょう。

補助金でエコキュート

補助金でオール電化を揃えると言えば、エコキュートです。国が補助金を支給する制度は終わりましたが、地方自治体毎に金額などの詳細は変わりますが支給されています。補助金の支給は、予算に達した自治体は打ち切りになっているケースもあるので、事前にネットのサイトなどで、自分が該当する自治体が補助金の支給をしているか確認が必要です。

該当する自治体が補助金支給をやっていたら、申請を早めに行うことが大切です。エコキュートを設置するメリットは、料金の安い深夜電力を利用してお湯を沸かすので、大きく電気代の節約が可能となります。その種類は幾つかあり、給湯専用タイプや多機能タイプ、フルオートタイプなどがあります。

フルオートタイプは、湯舟の保温やお湯張りができ、給湯専用は瞬間湯沸し器的な機能のタイプです。多機能タイプは、お風呂関係全般のお湯だけでなく、床暖房など様々部分にまで対応するものです。家庭内の使用エネルギーで、お湯はかなりコストを占めているので、エコキュートの設置は節約率が高い為、普及は上昇傾向にあります。